イソフラボンとエクオールの生成

イソフラボンは女性ホルモン様作用があるので、更年期障害の緩和や骨粗鬆症の予防など女性に嬉しい効果がたくさんある成分として知られています。 また、イソフラボンは抗酸化作用が強く生活習慣病を予防することもできます。

様々な健康効果があるイソフラボンですが、イソフラボンの健康効果には個人差があります。 これはどういうことなのでしょうか。

大豆イソフラボンはエクオールという成分として吸収される方とそうでない方に分かれます。 エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことができます。

なぜエクオールをつくれる方とそうでない方にわかれるのでしょうか。 それは腸内フローラが関係しています。

大腸には腸内細菌が棲んでいます。 その中に大豆イソフラボンをエクオールに変換する「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかりました。

このエクオール産生菌が腸内で活動していると、エクオールをつくることができるのです。 エクオールは更年期障害を緩和したり、骨粗鬆症を予防するのに効果的です。 また月経不順やPMSを緩和することにも役立ちます。

エクオールをつくれる方は欧米人では20~30%、日本人は50%ほどだといわれています。

大豆をよく食べるアジア人はエクオールをつくることができる人が多いです。 日本人の約半数の方がエクオールをつくることができます。

しかし、年齢が下がるに従ってこの比率は下がってきています。 若い世代の方は20~30%の方しかエクオールをつくることができません。

詳しいことはわかっていませんが、若い方がエクオールをつくることができない理由は食生活の欧米化が原因といわれています。

自分の腸内にエクオール産生菌がいるかどうか調べるには、ソイチェックを受ける必要があります。 ソイチェックは郵送の検査キット(尿検査)を利用して調べることができます。

エクオール産生菌を腸内で増やすためには、エクオールの材料である大豆イソフラボンを摂ること。 そして、腸内環境を良くすることです。

エクオール産生菌を増やすのにオススメの食材が納豆です。 納豆は大豆を使っているのでイソフラボンを摂取することができる上に、腸内環境を整える作用もあります。

腸内環境を整えて、エクオールを産生しましょう。