ポリフェノールの種類とイソフラボン

ポリフェノールとは渋みや苦味が特徴の成分です。 自然界には約五千種類以上のポリフェノールがあるといわれています。 ポリフェノールは植物を紫外線などのトラブルから身を守り、若い細胞をつくり出すサポートをしています。

ポリフェノールの最大の特徴は抗酸化作用です。 抗酸化作用とは活性酸素を無毒化する作用のことです。

ポリフェノールを摂取すると、体内で発生した活性酸素を除去して様々な不調を改善させることができます。 健康維持のためにポリフェノールは欠かせない成分なのです。

ポリフェノールの中で代表的なものをご紹介しましょう。

アントシアニンは赤ワインなどに含まれています。 認知症予防、心臓病、肝機能向上に効果があります。

カテキンは緑茶などに含まれています。 血糖値の正常化、コレステロールの減少に効果があります。

カカオマスはココアなどに含まれています。 ピロリ菌除去やストレス解消、疲労回復に効果があります。

ルチンはそばなどに含まれています。 血管強化、高血圧予防、動脈硬化に効果があります。

クルクミンはウコンなどに含まれています。 肝臓の解毒作用強化、胆汁の分泌促進作用などの効果があります。

ところで、大豆に含まれているイソフラボンもポリフェノールの一種です。 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用が特徴です。

ですから、イソフラボンは更年期障害を改善したり、月経不順を改善したり、骨粗鬆症を予防することができます。 そしてポリフェノールの一種ということで、強力な抗酸化作用があります。

イソフラボンを摂るためには大豆食品を食べることです。 しかし、毎日大豆食品を食べるのは大変ですよね。

そこでオススメなのがイソフラボンのサプリメントです。 サプリメントにはイソフラボンが凝縮されているので、手軽に摂れますしカロリーの心配もありません。

ただし、イソフラボンを過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れやすくなるので、必ず摂取量を守って摂るようにしてくださいね。