若い女性の食生活にはイソフラボンが少ない?

忙しくて野菜や果物だけで済ませてしまう、ダイエットのために食事をとらないようにしている、料理をすることが面倒だからコンビニ弁当で済ませてしまうという方はいらっしゃいませんか?

食の乱れによってイソフラボンの摂取量が減っている女性が増えています。 イソフラボンは女性にとって嬉しい健康効果がたくさんある成分です。

そもそもイソフラボンとはどのような成分なのでしょうか。 イソフラボンとは大豆胚芽に豊富に含まれているフラボノイドの一種で、天然に存在する有機化合物群のことです。

イソフラボンの特徴は女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすること、そして抗酸化作用が強いということです。 これらの女性に嬉しい効果についてみていきましょう。

まずは、エストロゲン様作用です。 イソフラボンがエストロゲンに似た作用をするこということは広く知られていますよね。 イソフラボンを摂ることで不足しているエストロゲンを補うことができます。

しかし、イソフラボンの効果はこれだけではありません。 イソフラボンはエストロゲンが過剰に分泌されたときにその分泌量を抑える作用があります。

ですから、イソフラボンを摂ることでエストロゲンの分泌量を安定させて、ホルモンバランスを整えることができるのです。 この作用によって、PMS緩和、月経不順の緩和、月経前のイライラや不安感の解消、更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防、美肌効果を得ることができます。

続いては、抗酸化作用についてみていきましょう。 イソフラボンはフラボノイドの一種ということで、強力な抗酸化作用があります。

抗酸化作用というのは活性酸素を除去する作用のことです。 活性酸素は病気の原因になったり、シミやシワの出現を促進する物質です。

この活性酸素を除去することによって、健康で美しい体を維持することができるのです。

このようにイソフラボンは女性に嬉しい効果がたくさんあります。 不調を感じている女性は、ぜひイソフラボンを摂るようにしてくださいね。